ど根性!



一時期テレビのワイドショーなどで取り上げられた「ど根性大根」を覚えていらっしゃいますか?
歩道脇のアスファルトの間から生えていた大根で、「大ちゃん」などと呼ばれていたのもありましたよね。

サロンMIEがある四日市看護医療大学のB館の出入口付近にも、「ど根性大根」・・・ではなく、『ど根性ユリ』が咲いているのを見つけました。

上の写真がそのユリです。
柱とアスファルトのわずかな隙間から、見事にキレイな花を咲かせています。
全体像は、こんな感じ。↓↓↓

171011-2.png

ひとりで頑張ってます!けなげですよね~
まさにど根性!!

「ゆりちゃん」(勝手に命名)はいつまで元気に咲いてくれるでしょうか?
しばらく「ゆりちゃん」から、元気をもらえそうです

こころ旅

NHKのBSで放送されている「こころ旅」という番組をご存知ですか?
俳優の火野正平さんが、自転車で(チャリオと呼ばれてます)全国を旅する番組です。

その番組で、今週から三重県に突入しました。
番組は「朝版」と「とうちゃこ版」があるのですが、今日の「朝版」では、伊賀にいらっしゃいましたよ♪
(と言っても、番組は収録ですので実際にはもう三重県にはいらっしゃいませんが・・・

2011年から続いている番組だそうですが、私の知る限り三重県は3度目だと思います。(まちがってたら、ごめんなさい)
北勢地域は、前回は四日市の駅前からスタートして、御在所岳の見える1本道に行かれていました。(残念ながら、雨だったんですよね~。・・・結構見てます
今回はどこに行かれるのかな?
楽しみです

こころ旅は、BSプレミアム 「朝版」毎週月曜~金曜 午前7時45分 、「とうちゃこ版」毎週火曜~金曜 午後7時からの放送ですよ~。(NHKの回し者ではありません

三重県民手帳2018

早いもので今週から10月に入り、今年も3ヶ月を切りました。
毎年、年が明けるとしばらく「今、何年だっけ?」となるのは私だけではないはず

ようやく2017年もしっくりしてきた今日この頃ですが(遅いっ!)、今月17日に2018年版の三重県民手帳が発売されるそうです。
三重県民手帳とは、三重県が監修して三重県印刷工業組合が発行する手帳で、スケジュール欄だけでなく三重県の暮らしに役立つ情報、統計情報、県内のイベント情報、公共施設情報など三重県に関する情報が満載されているんです。
まさに三重県民による三重県民のための手帳!(言いすぎ?)

そんな三重県民手帳2018はコレ♪

171003.png

写真は三重県印刷工業組合さんのホームページよりお借りしました。
今年の表紙カバーのデザインには三重が誇る歴史ある伝統工芸「伊勢型紙」が使われています。
素敵なデザインです
薄茶色のスタンダード版は革調のソフトカバー、あとの二つはプレミアム版で伊勢型紙を使って染めた布を使用しているんだそうです。
赤い手帳の柄には、よく見ると一つ一つに三重のが!
凝ってますね~

スタンダード版とプレミアム版では価格も違い、限定数にも違いがあるようです。
詳しくは、2018年版三重県民手帳サイト(三重県印刷工業組合HP)
http://www.mie-pia.or.jp/notebook/
をご覧ください。

道の駅

先日ブログにチラッと登場した「道の駅 津かわげ」。

170629_1.png


こちらがその「道の駅 津かわげ」です。
文字通り、津市の河芸町にあります。
それほど大きくなくこじんまりとしていますが、できてから1年少しの、まだ新しい道の駅です。

道の駅と言えば、まずは地元の農家の方が作っているお野菜

170621_3.jpg

ついつい買っちゃいます
(案の定、家に帰ったらジャガイモ買ったばかりでしたし)


地元の特産物もありました。
甘いものから調味料、先日お話したおぼろタオルも。

そして津市に本社があるお菓子メーカーのおやつカンパニーの商品も、もちろんありましたよ。

170629_4.jpg

皆さんご存知、ベビースターラーメンで有名ですよね。

ところで、長い間ベビースターラーメンの袋に描かれていた男の子と女の子のキャラクターを覚えていますか?(ベイちゃんとビーちゃんという名前だったらしいです)
そのベイちゃんとビーちゃんは、昨年で引退したんだそうです。
全然知りませんでした
そういえば、この写真の中にもいませんねー


と、また話がそれてしまいました


私が買ったのはこちら…

170621_4.jpg

甘いものと、あまじょっぱいもの

「作(ZAKU)」と書いてあるお菓子は、昨年の伊勢志摩サミットのランチでふるまわれた日本酒「作」の酒粕を使ったフィナンシェです。
「作」は鈴鹿市の蔵元 清水清三郎商店さんのお酒ですが、このフィナンシェは熊野市のカフェ&ケーキ店の「もんいまぁじゅ」さんの商品です。


こちらの道の駅は、その他にも地元の漁港であがった近海のお魚なども販売していたり、パンコーナーがあったりします。

今回一番びっくりしたのがこちらのパン!

170629_3.jpg

「津ぎょうざドッグ」という名のパン。
津市のB級グルメである、巨大な揚げ餃子「津ぎょうざ」を、大胆にもパンに挟んじゃってます
もはやメインがパンなのか餃子なのか…

私、実は「津ぎょうざ」を食べたことがありません。
「津ぎょうざ」を飛び越して、いきなり「津ぎょうざドッグ」を食べる勇気は出ませんでした…

食べたことがある方、ぜひ感想をお聞かせください




つぅ

【つぅ】って突然何のことかと思われるでしょうか?
地元の方なら、「あぁ、つぅがどうしたん?」とピンときてくださってるでしょうか?

そう、日本一短い発音の市、三重県の県庁所在地である津市のことです。
津市と市がつくと、「つし」と発音しますが、津になると三重県ではなぜか「つぅ↗」(語尾を上げます)となります。
(ニュースなどの標準語では、「つっ」と小さな『っ』が入るような気が・・・。)


と、前置きが長くなりましたが、先日その津市に行ってきました。
私の目的は、おぼろタオルさんです。
そもそもはドライブがてら道の駅に行くのが好きな家族が、「今日はかわげに行こう!」(津市の河芸町にある「道の駅 津かわげ」です)と言い出したのがきっかけですが、津に行くなら行きたい所があると寄ってもらいました。

おぼろタオルさんは、津市上浜町にある百年以上続くタオルメーカーさんで、製織から晒・染色加工、仕上げ、発送まで一貫生産体制でタオルを製造されています。
もともとはガーゼタオルが有名で、こちらの「おぼろガーゼタオル」は作家の林真理子さんもブログで絶賛されたことがあるようですが、私のお目当てはこちら♪

170621-2.jpg

「おぼろふわふわ」というシリーズのタオルです。
このタオル、ものすごく細い糸で織られていて、名前のとおり本当にふわふわで、軽いんです。このタオルで顔を拭くと、顔をうずめたくなります。しかも吸水性は抜群!

いいタオルは厚みがあり特に女性の方は使いにくく感じることが多いと思いますが、こちらのタオルは厚すぎず、お風呂で使うのにもちょうどいいんです。
適度な厚さで、ふわっふわなんです!

以前にこのタオルを頂いてから、工場の脇に直売店があることを知り、一度行きたいと思っていました。


私が選んでいると、さわやか系イケメンの従業員さんが、「7/8にメッセウイングみえで売出しがあるんですが、お越しいただけるならそちらのほうがかなりお得ですよー。」とご親切に教えてくださいました(←いやいや、このハートに深い意味はありません~)

売り出しの文字には敏感な私ですが、その日は予定が入っていたため、やむなくお店で購入。
一緒にガーゼタオルのマフラーも♪

170621_1.jpg


こんなカラフルなタオルマフラーを巻けば、庭の草取りも楽しくなりそう

バスタオルも買ってこればよかったなーと少し後悔しましたが、売り出しは半年に1回あるとおっしゃってたので、次回冬の大売出しを狙いたいと思います


と、おぼろタオルさんの話が長くなってしまいました。
「道の駅 津かわげ」さんの話はまた次回にでも・・・

プロフィール

みえよん

Author:みえよん
四日市看護医療大学 サロンMIEです♪

サロンMIE 開館カレンダー

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
休館日
イベント日
開館時間 11:30~16:00

検索フォーム

ブロとも申請フォーム