伊勢湾台風

ここのところ台風と秋雨前線の影響でぐずぐずした天気が続いていますが、昨日は久しぶりにカラッと晴れましたね。

今日は9月26日。
1959(昭和34)年の今日、台風15号が和歌山県の潮岬に上陸し本州を縦断、東海地方を中心に甚大な被害を及ぼし、死者・行方不明者は5千人を超え、住宅の全半壊約15万戸という近代最悪の台風被害をもたらしました。
うち三重県では、桑名市を中心に1200名以上の死者・行方不明者が出たそうです。
特に伊勢湾岸での高潮の被害が大きかったことから、その後伊勢湾台風と命名されました。

私の母も当時桑名に住んでおり、1階の屋根近くまで水につかりものすごく怖かったという話を小さい頃に聞いたことがあります。

今年の台風でも、土砂災害や冠水被害などが多く発生しています。
現在発生している台風17号は本州に接近することはないようですが、台風が来なくても大雨などでいつ災害が起こるかわかりません。

伊勢湾台風の犠牲者のご冥福をお祈りしつつ、残してくださった教訓を無駄にしないよう、今後の防災について改めて考えて、我が家の備えについてももう一度見直そうと思います。

お月見

今日は中秋の名月、お月見の日ですね
サロンでもお月見気分を出してみました。

160915.jpg

そして、お月見と言えば、この地域の方ならご存知のお月見どろぼうの日です。

中秋の名月は旧暦の8月15日の月のことのため、毎年日にちが違って分からなくなりませんか?
小さい頃は十五夜って言うのにどうして15日じゃないの?って思ってました(私だけ?)

でもこの時期にスーパーに行くと、「お月見どろぼうの準備は済みましたか?今年は○月○日!」とPOPが出ているので、調べなくてもわかりますありがたいです

ところでみなさんは子どもの頃に、お月見どろぼうをしたことがありますか?
サロンで学生さんに聞いてみると、地元出身でも知らない学生さんが結構いました。
三重県の北勢地域でも狭い地区に限られているんでしょうか?

昔は十五夜に子どもたちが各家庭を回り、よそのお宅の庭先に備えてあるお団子を長い棒でついて盗む(いただく?)風習だったそうです。
私の子どもの頃は「お餅つかせて!」と声をかけて、お菓子をいただいていました。
知らないお宅に声をかけるのは緊張したこと、何軒も回って袋いっぱいにいろんなお菓子をもらうのがうれしかったことを覚えています。
ちなみにうちの子どもたちが小さい頃は、ピンポーン♪ 「お月見どろぼうで~す」とか「お月見どろぼうに来ましたー」と言っていたような。

最近は地域の子ども会が主催する行事のようになっていて、自分の地区の子どもの数だけお菓子を用意するというところもあるようですね。

どんな形であれ、昔からの風習が今でも残っていて受け継がれているというのはすばらしいことだと思います。
子どもたちの元気な声が聞こえる十五夜が、これから先も続いてほしいと思います。

今夜は月が見えるでしょうか?

とこまる

160905.jpg

またまた三重県に新しいゆるキャラが誕生したのをご存知ですか?

2021年(平成33年)に開催する「三重とこわか国体」のマスコットキャラクターの『とこまる』です。
先月愛称が決まりました。

伊勢えびの頭に三重県の県章がついたパンツをはいて、胸には開催年の2021の文字という分かりやすいビジュアルに、『とこまる』という覚えやすいかわいらしい名前♪
愛されることまちがいなしですね

プロフィール

みえよん

Author:みえよん
四日市看護医療大学 サロンMIEです♪

サロンMIE 開館カレンダー

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

が休館日です。
がイベント開催日です。
開館時間 11:30~16:00

検索フォーム

ブロとも申請フォーム