伊勢湾台風

ここのところ台風と秋雨前線の影響でぐずぐずした天気が続いていますが、昨日は久しぶりにカラッと晴れましたね。

今日は9月26日。
1959(昭和34)年の今日、台風15号が和歌山県の潮岬に上陸し本州を縦断、東海地方を中心に甚大な被害を及ぼし、死者・行方不明者は5千人を超え、住宅の全半壊約15万戸という近代最悪の台風被害をもたらしました。
うち三重県では、桑名市を中心に1200名以上の死者・行方不明者が出たそうです。
特に伊勢湾岸での高潮の被害が大きかったことから、その後伊勢湾台風と命名されました。

私の母も当時桑名に住んでおり、1階の屋根近くまで水につかりものすごく怖かったという話を小さい頃に聞いたことがあります。

今年の台風でも、土砂災害や冠水被害などが多く発生しています。
現在発生している台風17号は本州に接近することはないようですが、台風が来なくても大雨などでいつ災害が起こるかわかりません。

伊勢湾台風の犠牲者のご冥福をお祈りしつつ、残してくださった教訓を無駄にしないよう、今後の防災について改めて考えて、我が家の備えについてももう一度見直そうと思います。

コメント

非公開コメント