FC2ブログ

ヤマモモの木🌳&ひまわり成長日記②🌻



またまた学内便のYさんより、今度は「ヤマモモの木に実がたくさんなってるよー」と教えていただきました。
実は私、大学内のキャンパスにヤマモモの木があることに全く気づいておらず、見に行くと本館の入り口手前にもっこりした木がありました 「これヤマモモの木だったんですねぇ~」と今さらの新発見!
そして、かなり前からいる職員の間でも知らなかったという人が続出!(かわいそうなヤマモモちゃん


近づいてみると…
200702-2.jpeg

おぉ~
200702-3.jpeg
20702-4.jpeg

つぶつぶした見た目がかわいらしい赤い実がいっぱいです

あっちにも、こっちにも と、前に近づくと、…ん?…何か踏んだような…?

200702-5.jpeg

足元にも熟したヤマモモの実がいっぱい落ちていました

好奇心旺盛の職員のEさんと私、早速1個採って洗って食べてみることに
よく見ると鮮やかな赤や黒っぽい赤など同じ赤でもいろいろで、どれが食べごろかわからないまま真ん中の赤さの実をGET!

食べる前は独特の松ヤニのような香り(常緑樹なんですけど)、かじってみると渋酸っぱくてお世辞にも美味しい~とはなりませんでしたが、好みが分かれるところでしょうか?

でもこの時期になるとジャムやシロップなどを作る人もいらっしゃるようですし、ヤマモモを使ったデザートなどもあるので、食べたのがまだ熟していない実だったのかもしくは品種が色々あるのかもしれませんね。
ヤマモモに詳しい方!教えてください~



そしてこちらは花壇のひまわりのその後
200702-6.jpeg

ちょっと茎が細くて頼りないですが、順調に大きくなっています

前回の様子はこちら↓
6/15のブログ「ひまわり成長日記🌻」


ちなみに余談ですが、上記のブログに登場したでっかいアジサイはというと…。
200702-7.jpeg

剪定されて、こんなにちっちゃくなってしまいました
来年もまた負けずに大きくなってくれるのか?こんなに刈られてもちゃんと咲いてくれるのか?
乞うご期待です

ソーシャルディスタンス

200629-32.jpg

近ごろ新型コロナウイルスに関して、多くの言葉が生まれました〜 その中には私達の生活の中でごく普通に使われ、溶け込んだと言っていいものがいくつもありますね。また、あまり使われなかった言葉がコロナ禍をきっかけに頻繁に使われるようにもなりました。
例えば「ソーシャルディスタンス」「テレワーク」「クラスター」「パンデミック」「オーバーシュート」「濃厚接触」「医療崩壊」「コロナ疎開」…挙げれば、切りがない程です


さて、今回はその中で「ソーシャルディスタンス」を、取り上げます。

6/19(金)から県をまたぐ移動が解禁され、出張、帰省や旅行など多くの方々が堰(せき)を切ったように活発に活動し始めました。当然ながら、密集することも多くなり、いわゆる3密を避けられない状況が増えてきています。こんな時こそ、もう一度「ソーシャルディスタンス」を考える時期でもあるような気がします


「ソーシャルディスタンス」驚きの事実①
国によって「ソーシャルディスタンス」の距離が異なるのは当たり前でしょうが、皆さんご存知の国でも2倍の差があります。ちなみにWHOは最低1mとしています。
200629-21.jpg
「ソーシャルディスタンス」驚きの事実②
「ソーシャルディスタンス」は日本独自の表現の言葉であって、英語で「social distance」というと別の意味(心理的な距離の話)になります。
英語では「social distancing(ソーシャルディスタンシング)」というと通じるようです。今さら「ソーシャルディスタンシング」に変えることはないでしょうから、英語で話す時には気を付けてくださいね 最近はフィジカルディスタンス(身体的・物理的距離)も使われます。


さて、大学の前学期は遠隔授業による自宅学修中心で、先日から一部のみ段階的な対面授業がスタートしました。これから少しずつ、対面授業の履修が増えていく予定なので、現在学内を改善しています

まずは、隣の方との距離を空けるように、至る所に「ソーシャルディスタンス」や「使用禁止」を貼っています
200629-16.jpg
200629-12.jpg
200629-18.jpg
「ソーシャルディスタンス」を取ることで少しずつ以前の状態に戻ることができるので、大きな一歩と思って、ひたすらペタペタしています。
200629-27.jpg
200629-22.jpg
200629-23.jpg

さらに、学生食堂には個々の「パーテーション」を取り付けました
200629-31.jpg

そういえば 先日、外の植木もさっぱりと刈り込まれ、迎える準備万全です
200629-10.jpg
200629-25.jpg

4月のブログ「できることは、できるだけ」で大学の新型コロナ対策について触れました。その時から状況は変わり、学生の皆さんが登学する機会が少しずつ増えてきています。
これからも、手洗い・マスク・ソーシャルディスタンスを踏まえた生活スタイルを意識して、健康に過ごしていきましょう


ひまわり成長日記🌻

先日大学の花壇の前を通りかかったときに、花壇の手前にかわいい花を見つけました♪

200616-1.jpeg

わかりますか?

200616-2.jpeg

たんぽぽみたいなかわいい黄色い花が、花壇のブロックの間から顔を出しています

雑草と言ってしまうにはかわいそうな、かわいらしい花でした。
きっと気がついたほかの皆さんも、抜かずにそっとしておいてくださったんですね


そして、その花壇には今ひまわりが育ち始めています
ひまわりの種をいただいたので、いつも花壇の手入れをしてくださっているNさんにお願いして蒔いてもらったんです。

5月の下旬に蒔いた種は2~3日で芽を出し、かわいいふたばが顔を出しました
200616-3.jpeg
200616-4.jpeg



その後あっという間に本葉も顔を出し・・・
200616-5.jpeg


そして今日のひまわりたちは・・・
200616-6.jpeg

ぐんぐん伸びています

そんなに大きな種ではなかったのですが、ミニひまわりでもなさそうですね

また変化があったらご報告しますね。


そしてブログにも時々登場し、今年も花壇で花を咲かせて通る人を楽しませてくれているのがこちら
200616-7.jpeg

2018.5.30のブログ
2018.6.14のブログ
2019.5.28のブログ

相変わらず大きい
花壇の端にあるのですが、毎年この時期には圧倒的な存在感を放っています。
200616-8.jpeg

色を変えながらしばらくの間楽しませてくれることと思います。
来年はぜひ皆さんにも見ていただきたいです



今日は何の日?

今日は何の日でしょうか?
日本には驚くほどたくさん「何かの日」という記念日や年中行事があるのです。過去のサロンMIEのちょっとしたイベントも、そんな「何かの日」に合わせて開催しています


4月18日「三重県民の日」
三重県が置県100年を記念して1976年に「県民の日」を制定しました。1876年のこの日、安濃津(あのうつ)県と度会(わたらい)県が三重県に併合され、三重県が誕生しました。この日は、三重県総合博物館(MieMu)など公共施設の無料開放が行われます。

余談ですが、三重県HPに度会県を復活させるコーナーがありますよ。遊び心が満載ですね〜 興味のある方は、HP途中に並んでいるバナーの『度會縣』から、ご覧ください。

サロンMIEは、三重県からの補助を受けて2016年3月末に開設された施設です
2016年・2019年のイベントの様子はこちらから
https://salon-mie.jp/blog-entry-55.html
https://salon-mie.jp/blog-entry-184.html


5月12日「看護の日」
近代看護を築いたと言われるナイチンゲールの誕生日です。

フローレンス・ナイチンゲールはイギリス人の看護師で、社会起業家、統計学者、看護教育学者でもあります。クリミア戦争に看護師団を引き連れて赴き、負傷兵たちからは「戦場の天使」と呼ばれました。看護師の大変で不潔な仕事を、統計に基づく医療衛生改革することに尽力し、その基礎を作った人物です。
200602-4.jpg
サロンMIEでは「看護の日」を含む看護週間に、学生の皆さんに『こんな看護師になります宣言』をしてもらうイベントが恒例です
2016年〜2018年のイベントの様子はこちらから
https://salon-mie.jp/blog-entry-59.html
https://salon-mie.jp/blog-entry-108.html
https://salon-mie.jp/blog-entry-143.html
(2019年はB館工事のため、イベント開催不可となりました

宣言をしてくれて卒業された皆さんは、初心を忘れず 看護師として日々奮闘していることでしょうね がんばれ~



そして「臨床検査の日」もあります!
11月11日です。
臨床検査には、欠かすことができない記号の+(プラス)、−(マイナス) 。漢字で読むと「じゅういち」なので、組み合わせて11月11日になったということです。
200602-2.jpg
今年4月、本学に臨床検査学科が誕生しましたね 看護学科と臨床検査学科の2学科体制となりました 来年11月には、ぜひイベントを開催できれば、と願っております
(今年11月はサロンMIE開館していても、イベントまでは厳しいかと…)


あらためて、今日は何の日でしょうか?
私は今、大河ドラマにハマっています。
明智光秀が主人公の戦国物です。モッくん演じる斎藤道三、カッコよかったですね〜。明智光秀の主君でした(亡くなった回、泣きました)。これから、三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)はもちろん、それを取り巻く女性たちにもスポットを当てて、男女問わず楽しめると思います。6月7日の放送をもって、一時休止するのは悲しいですが、待ちましょう

今日6月2日は、明智光秀が織田信長を裏切って本能寺に討ち入った「裏切りの日」なのです。まさかそんな大胆な日があるとは… 1582年、いわゆる本能寺の変があった日です。

中国攻めに苦戦している羽柴秀吉の応援要請を受けた信長は、自ら出陣することを決め、側近と京都・本能寺に宿泊しました。光秀も出陣を命じられ、丹波亀山城を出発しましたが、進軍の途中で道を変更し、本能寺の信長を襲いました。襲撃を知った信長は近侍の森蘭丸に誰の襲撃か尋ね、光秀と聴くと「是非もなし」と一言語り、自ら弓をとって戦いましたが及ばず、自害しました。「是非もなし」とは、是非も無い、仕方がない、という意味です。
今日は裏切りに要注意ですよ



皆さんが知っている面白い色々な日を教えてくださいね~
29日の肉の日8月31日の野菜の日は、知っております

カメさんのお話

200518-1.jpg
皆さんご存知でしたか?
大学B館の塀の内側には池があり、
この池には、美しい鯉や金魚たち、そして1匹の亀さんが住んでいるのです

200518-12.jpg
200518-13.jpg

これから、この亀さんについてお話をしま〜す。
亀さんには、なんと立派な名前があるんですよ
その名は『カメックス』
学生の皆さんと教職員による公募で付けられた名前です。知らなかった方は、ぜひ覚えてくださいね〜

200518-10.jpg
亀の『カメックス』はカブトニオイガメという種類で、アメリカ原産です。8年前まだ小さい赤ちゃん(4cmぐらい )の時に職員S氏の家で育てられ、ある程度の大きさ(倍ぐらい)に成長したので、大学にやって来ました よって年齢は8歳ぐらい(亀の年齢では分かりませんが)。

大学では、もともと水槽で飼われていたのですが、皮膚が弱り生命の危機に瀕したことがありました 池に入れてあげたことにより、元気になったのですっ‼︎ それ以来ここの池は「復活の池」と呼ばれるようになったそうですよ〜

餌は雑食なのでほぼ食べられます。今は池で鯉と一緒にいるので、鯉の餌や池に落ちた虫たちを食べています。オスかメスかは不明です。

200518-5.jpg
性格は恥ずかしがり屋さんです(推測です)
去年の9月に脱走した経歴があります
それは、B館の臨床検査学科の新設工事に伴い、池のリニューアル工事の際に起きた出来事でした。鯉や金魚、そして亀の『カメックス』は、駐車場の片隅のビニールプールで1ヶ月ほど仮住まいを余儀なくされました。そして台風の大雨があった後、『カメックス』が突然、消えてしまったのです

200518-15.jpg
奇跡的に、写真のところ B館塀の外側ツタの葉の中で、職員のI氏によって見つけられ、無事に生還することができました 当時はツタの葉が生い茂っていて、刈りながらの捜索だったそうです
なんで逃げたの? …と理由を聞いたら、
「隠れる場所がないから恥ずかしかった」と言っていたそうです …(なんつって)
そういえば池には隠れる場所があり、隠れて姿を見せないことがよくあったようです


ちなみに、これは去年9月の池の改修時の、ビニールプールの様子です
190911-3.jpg
「ただいま改装中」のブログでご紹介しています
https://salon-mie.jp/blog-entry-193.html


「鶴は千年、亀は万年」ということわざがあるように亀は全体的に長生きではあります。
これからずうっと元気でいてほしいですね
頑張れ『カメックス』

本が苦手な方も ①

サロンMIEには本があります。
ミニ図書館 …と言えるほど多くはありませんが お貸しすることもできます。本が苦手な方も、最初は読みやすく短いものから始めて活字に慣れることが読書習慣をつけるコツかもしれません。
不定期ではありますが、気になる本をブログでご紹介していきます 個人的な趣味が大きく反映されますが、どうぞお付き合いください。


さて初回は、渡辺和子さんの『置かれた場所で咲きなさい』です。

この本のキーワードは、『短編』『一話5分』『元気が出る』『自己啓発』『悩み少し解消』です。このキーワードで興味が出た方は、以下の紹介は読まずに、借りて読んでください
もう少し知りたい方には、今から簡単にご紹介します。
200508-3.jpg

作者の渡辺和子さんは1927年生まれで2016年に89歳で亡くなられました。30歳間際に修道院に入られ、修練されたのち、36歳でノートルダム清心女子大学の学長に任命されました。若くして高い役職に就いたため、人に対してとても苦労されました。その中から学びとった数々の教訓をエピソードを交えながら書かれた本です。

では、その中から一つ
大学では多くの「出会い」があります。その「出会い」についてはこのように言われています。
出会っただけでは信頼関係を結べない。このご縁を大事にしよう、という気持ちを育てていこう。ただ気が合ったで、できた信頼はすぐに壊れてしまう。育てよう、という気持ちがあれば、深い信頼関係が生まれる…
読むにつれて、なるほど、そっかぁ、やっぱり、そんなのできるわけないよ、などの感想が出てくると思いますが、一つでも心に残って、次に進む活力になれば、と思います。


200508-2.jpg
最後に… これは、枝に黄色い花が咲いているモッコウバラです。モッコウバラが挿されているのは、なんと試験管です 暁学園内の方が自作して持って来られた心温まるプレゼントです


『置かれた場所で咲きなさい』
たとえ望んでない好きになれない環境に身を置かれたとしても、その経験は、後で必ず自分のプラスになるはずです。どんな時も笑顔を絶やさずベストを尽くしましょう

プロフィール

みえよん・福ちゃん

Author:みえよん・福ちゃん
四日市看護医療大学 サロンMIEです !

四日市看護医療大学のサロンMIEは
三重県の支援を受けて学生と卒業生
のために設けられた癒しのフリー
スペースです(^^)/

 開館:月曜〜金曜(除く祝休日)
    8:30〜17:00
 冷暖房完備 Wi-Fi Free FM三重
 電子レンジ 電気ポット(休止中)
 書籍 雑誌(最新号) 観光パンフレット等

昼食時(飲食物の持込可)や休憩時間、
ミーティングや自修など、お気軽に
ご利用ください♪

サロンMIE カレンダー

前学期中 休館します

検索フォーム

ブロとも申請フォーム