FC2ブログ

夏バージョン☀&ひまわり成長日記③🌻

200721-6.jpeg

先週末より大学の花壇が、夏バージョンの花々に変わりました

200721-5.jpeg

雑草一つなくきれいに植え替えてくれたのは、いつも花壇の手入れをしてくれているNさんです。

こちらがブログ初登場のNさん
200721-2.jpg

昨日も猛暑の中、植えたばかりの花たちにお水をあげてくれていましたよ
いつもありがとうございます


花壇の真ん中ではひまわりたちが順調に育っています。
200721-3.jpg

ヒョロヒョロとして少し頼りない感じで心配でしたが、つぼみが大きく膨らんできました
200721-1.jpg

来週ぐらいには咲いてくれるかな?楽しみです


ところでこちらの写真の手前に生えているもっこりとした緑はなんだかお分かりになりますか?
200721-4.jpeg


その通り!アジサイです(と、一人問答

7/2のブログで無残な姿になっていたあのアジサイなんです
その時の無残な姿のアジサイはこちら
200702-7.jpeg

すごいですねぇ~
改めて植物の生命力に驚かされた日でした


ヤマモモの木🌳&ひまわり成長日記②🌻



またまた学内便のYさんより、今度は「ヤマモモの木に実がたくさんなってるよー」と教えていただきました。
実は私、大学内のキャンパスにヤマモモの木があることに全く気づいておらず、見に行くと本館の入り口手前にもっこりした木がありました 「これヤマモモの木だったんですねぇ~」と今さらの新発見!
そして、かなり前からいる職員の間でも知らなかったという人が続出!(かわいそうなヤマモモちゃん


近づいてみると…
200702-2.jpeg

おぉ~
200702-3.jpeg
20702-4.jpeg

つぶつぶした見た目がかわいらしい赤い実がいっぱいです

あっちにも、こっちにも と、前に近づくと、…ん?…何か踏んだような…?

200702-5.jpeg

足元にも熟したヤマモモの実がいっぱい落ちていました

好奇心旺盛の職員のEさんと私、早速1個採って洗って食べてみることに
よく見ると鮮やかな赤や黒っぽい赤など同じ赤でもいろいろで、どれが食べごろかわからないまま真ん中の赤さの実をGET!

食べる前は独特の松ヤニのような香り(常緑樹なんですけど)、かじってみると渋酸っぱくてお世辞にも美味しい~とはなりませんでしたが、好みが分かれるところでしょうか?

でもこの時期になるとジャムやシロップなどを作る人もいらっしゃるようですし、ヤマモモを使ったデザートなどもあるので、食べたのがまだ熟していない実だったのかもしくは品種が色々あるのかもしれませんね。
ヤマモモに詳しい方!教えてください~



そしてこちらは花壇のひまわりのその後
200702-6.jpeg

ちょっと茎が細くて頼りないですが、順調に大きくなっています

前回の様子はこちら↓
6/15のブログ「ひまわり成長日記🌻」


ちなみに余談ですが、上記のブログに登場したでっかいアジサイはというと…。
200702-7.jpeg

剪定されて、こんなにちっちゃくなってしまいました
来年もまた負けずに大きくなってくれるのか?こんなに刈られてもちゃんと咲いてくれるのか?
乞うご期待です

ソーシャルディスタンス

200629-32.jpg

近ごろ新型コロナウイルスに関して、多くの言葉が生まれました〜 その中には私達の生活の中でごく普通に使われ、溶け込んだと言っていいものがいくつもありますね。また、あまり使われなかった言葉がコロナ禍をきっかけに頻繁に使われるようにもなりました。
例えば「ソーシャルディスタンス」「テレワーク」「クラスター」「パンデミック」「オーバーシュート」「濃厚接触」「医療崩壊」「コロナ疎開」…挙げれば、切りがない程です


さて、今回はその中で「ソーシャルディスタンス」を、取り上げます。

6/19(金)から県をまたぐ移動が解禁され、出張、帰省や旅行など多くの方々が堰(せき)を切ったように活発に活動し始めました。当然ながら、密集することも多くなり、いわゆる3密を避けられない状況が増えてきています。こんな時こそ、もう一度「ソーシャルディスタンス」を考える時期でもあるような気がします


「ソーシャルディスタンス」驚きの事実①
国によって「ソーシャルディスタンス」の距離が異なるのは当たり前でしょうが、皆さんご存知の国でも2倍の差があります。ちなみにWHOは最低1mとしています。
200629-21.jpg
「ソーシャルディスタンス」驚きの事実②
「ソーシャルディスタンス」は日本独自の表現の言葉であって、英語で「social distance」というと別の意味(心理的な距離の話)になります。
英語では「social distancing(ソーシャルディスタンシング)」というと通じるようです。今さら「ソーシャルディスタンシング」に変えることはないでしょうから、英語で話す時には気を付けてくださいね 最近はフィジカルディスタンス(身体的・物理的距離)も使われます。


さて、大学の前学期は遠隔授業による自宅学修中心で、先日から一部のみ段階的な対面授業がスタートしました。これから少しずつ、対面授業の履修が増えていく予定なので、現在学内を改善しています

まずは、隣の方との距離を空けるように、至る所に「ソーシャルディスタンス」や「使用禁止」を貼っています
200629-16.jpg
200629-12.jpg
200629-18.jpg
「ソーシャルディスタンス」を取ることで少しずつ以前の状態に戻ることができるので、大きな一歩と思って、ひたすらペタペタしています。
200629-27.jpg
200629-22.jpg
200629-23.jpg

さらに、学生食堂には個々の「パーテーション」を取り付けました
200629-31.jpg

そういえば 先日、外の植木もさっぱりと刈り込まれ、迎える準備万全です
200629-10.jpg
200629-25.jpg

4月のブログ「できることは、できるだけ」で大学の新型コロナ対策について触れました。その時から状況は変わり、学生の皆さんが登学する機会が少しずつ増えてきています。
これからも、手洗い・マスク・ソーシャルディスタンスを踏まえた生活スタイルを意識して、健康に過ごしていきましょう


ひまわり成長日記🌻

先日大学の花壇の前を通りかかったときに、花壇の手前にかわいい花を見つけました♪

200616-1.jpeg

わかりますか?

200616-2.jpeg

たんぽぽみたいなかわいい黄色い花が、花壇のブロックの間から顔を出しています

雑草と言ってしまうにはかわいそうな、かわいらしい花でした。
きっと気がついたほかの皆さんも、抜かずにそっとしておいてくださったんですね


そして、その花壇には今ひまわりが育ち始めています
ひまわりの種をいただいたので、いつも花壇の手入れをしてくださっているNさんにお願いして蒔いてもらったんです。

5月の下旬に蒔いた種は2~3日で芽を出し、かわいいふたばが顔を出しました
200616-3.jpeg
200616-4.jpeg



その後あっという間に本葉も顔を出し・・・
200616-5.jpeg


そして今日のひまわりたちは・・・
200616-6.jpeg

ぐんぐん伸びています

そんなに大きな種ではなかったのですが、ミニひまわりでもなさそうですね

また変化があったらご報告しますね。


そしてブログにも時々登場し、今年も花壇で花を咲かせて通る人を楽しませてくれているのがこちら
200616-7.jpeg

2018.5.30のブログ
2018.6.14のブログ
2019.5.28のブログ

相変わらず大きい
花壇の端にあるのですが、毎年この時期には圧倒的な存在感を放っています。
200616-8.jpeg

色を変えながらしばらくの間楽しませてくれることと思います。
来年はぜひ皆さんにも見ていただきたいです



カメさんのお話

200518-1.jpg
皆さんご存知でしたか?
大学B館の塀の内側には池があり、
この池には、美しい鯉や金魚たち、そして1匹の亀さんが住んでいるのです

200518-12.jpg
200518-13.jpg

これから、この亀さんについてお話をしま〜す。
亀さんには、なんと立派な名前があるんですよ
その名は『カメックス』
学生の皆さんと教職員による公募で付けられた名前です。知らなかった方は、ぜひ覚えてくださいね〜

200518-10.jpg
亀の『カメックス』はカブトニオイガメという種類で、アメリカ原産です。8年前まだ小さい赤ちゃん(4cmぐらい )の時に職員S氏の家で育てられ、ある程度の大きさ(倍ぐらい)に成長したので、大学にやって来ました よって年齢は8歳ぐらい(亀の年齢では分かりませんが)。

大学では、もともと水槽で飼われていたのですが、皮膚が弱り生命の危機に瀕したことがありました 池に入れてあげたことにより、元気になったのですっ‼︎ それ以来ここの池は「復活の池」と呼ばれるようになったそうですよ〜

餌は雑食なのでほぼ食べられます。今は池で鯉と一緒にいるので、鯉の餌や池に落ちた虫たちを食べています。オスかメスかは不明です。

200518-5.jpg
性格は恥ずかしがり屋さんです(推測です)
去年の9月に脱走した経歴があります
それは、B館の臨床検査学科の新設工事に伴い、池のリニューアル工事の際に起きた出来事でした。鯉や金魚、そして亀の『カメックス』は、駐車場の片隅のビニールプールで1ヶ月ほど仮住まいを余儀なくされました。そして台風の大雨があった後、『カメックス』が突然、消えてしまったのです

200518-15.jpg
奇跡的に、写真のところ B館塀の外側ツタの葉の中で、職員のI氏によって見つけられ、無事に生還することができました 当時はツタの葉が生い茂っていて、刈りながらの捜索だったそうです
なんで逃げたの? …と理由を聞いたら、
「隠れる場所がないから恥ずかしかった」と言っていたそうです …(なんつって)
そういえば池には隠れる場所があり、隠れて姿を見せないことがよくあったようです


ちなみに、これは去年9月の池の改修時の、ビニールプールの様子です
190911-3.jpg
「ただいま改装中」のブログでご紹介しています
https://salon-mie.jp/blog-entry-193.html


「鶴は千年、亀は万年」ということわざがあるように亀は全体的に長生きではあります。
これからずうっと元気でいてほしいですね
頑張れ『カメックス』

できることは、できるだけ

今年度よりサロンMIEの担当が午前と午後に分かれて二人体制になりました。このブログもこれから二人で担当させていただきます。よろしくお願いします


さっそくですが 新型コロナウィルスの感染防止のため、5/6(水)まで自宅学修になりましたので、学生の皆さんは登学しないでください
入口には【学生の立入りを禁ずる】の張り紙をしてますので ご協力ください。



四日市看護医療大学では、新型コロナウィルス感染防止について色々と対策をしています
学生の立ち入り禁止もその一つですが、エレベーターの利用禁止。エレベーター内は時間が短いとはいえ、3密(密閉・密集・密接)が当てはまります。ここからの感染拡大防止策なのです
ご理解とご協力をお願いします。階段の昇降が困難な方は利用しても差し支えありません。

200417-2.jpg

「トイレのハンドドライヤー」
トイレで手を洗ったあと、手をかざすと風が出て乾かしてくれる機械です。こんな名前だったのですねー 乾かす時に手に残っている水滴が飛んだり、ハンドドライヤー内の細菌を空気中に拡散させたりする可能性があり、自分も周りの方もそれを吸い込んでしまうかもしれません 便利な設備ですが、使用禁止にしています。ご自分のハンカチ等で対応していただいてます。

200417-3.jpg

「ゴミ箱」
ゴミ箱には紙やビニールなどを捨てますが、コンビニの弁当箱や紙コップなどもゴミです。感染している方が使ったこれらのゴミから、ゴミを集める方が感染するかもしれません。少し大袈裟と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、未知のウイルスです 治療薬もなく、死者もたくさん出ています。できることはできるだけした方が良い、との考えです。

200417-4.jpg

「アルコール除菌」
あと、入口にはアルコール除菌液を設置しております

200417-5.jpg

三重県は他県と比べて、比較的発症者が少なく、感染経路もかなり把握できているようです。鈴木知事は、三重県を感染確認地域ではあるけれど緊急事態宣言地域と同じ危機感を持って取り組みたいとホームページにメッセージを出されました。

厚生労働省HP三重県HP四日市市HP より正確な情報を入手して、正しい行動を!


今は、皆さんに感染防止へのご協力をいただくしかありません




プロフィール

みえよん・福ちゃん

Author:みえよん・福ちゃん
四日市看護医療大学 サロンMIEです !

四日市看護医療大学のサロンMIEは
三重県の支援を受けて学生と卒業生
のために設けられた癒しのフリー
スペースです(^^)/

 開館:月曜〜金曜(除く祝休日)
    8:30〜17:00
 冷暖房完備 Wi-Fi Free FM三重
 電子レンジ 電気ポット(休止中)
 書籍 雑誌(最新号) 観光パンフレット等

昼食時(飲食物の持込可)や休憩時間、
ミーティングや自修など、お気軽に
ご利用ください♪

サロンMIE カレンダー

前学期中 休館します

検索フォーム

ブロとも申請フォーム