FC2ブログ

少し前の祭のお話

180725-6.jpg

半月以上前の話になりますが、祇園祭の宵山の日程が連休と重なっていることを知り、「そうだ京都、行こう。」と、生まれて初めて祇園祭の山鉾(やまほこ・やまぼこ…京都祇園祭の山車のこと)を見に行きました。
時々お話しするように、新名神高速道路のおかげで四日市から京都もさらに手軽に行けるようになりましたが、この新名神、今年度中に新四日市JCT - 亀山西JCT間が開通する予定だそうで、全国でもたびたび上位に上がる東名阪道の渋滞が緩和されるとうれしいですね。


これまた脱線… 話を京都に戻します。

祇園祭の山鉾の前にまずは東寺へ。
冒頭の写真は国宝である東寺の五重塔です。
京都のシンボルのひとつと言ってもいいのではないでしょうか?


高さ54.8メートルは木造塔としては日本一の高さなんだそうですよ。

しかし木陰からパチリ (逆光で真っ黒
この日の京都は38℃を超える猛暑日!
できるだけ影を探して歩きます


こちらも国宝となっている東寺の金堂。
180725-8.jpg

ななめから失礼します。

写真はありませんが、講堂の中には大日如来を中心に重要文化財や国宝に指定されているたくさんの像が安置されていました。
(講堂の中は少し涼しかったので、このあと出るのが辛かった…

境内には蓮の花もきれいに咲いていましたよ。
180725-1.jpg
しかし暑すぎてゆっくり眺めている余裕はありません


ようやく山鉾のある四条通に向かうと、早速見つけました♪
180725-2.jpg
大きいので遠くからでもすぐわかります。

大きすぎて全貌が納まらないため、道路の反対側へ。
180725-4.jpg
『長刀鉾』です。
山鉾巡行の順番はくじを引いて決まりますが、中には「くじ取らず」と言って毎年くじを引かずに順番が決まっている山鉾があるそうです。
『長刀鉾』も「くじ取らず」の1つで、毎年先頭を飾る有名な山鉾です。
その名のとおり、先端には大長刀がついています。


180725-3.jpg
こちらは『函谷鉾』。
ちょっと見づらいですが、先端には月と山形。
しかし祇園祭ど素人の私には、あまり違いがわかりません

昼間は山鉾の上でお囃子の演奏はしていませんが、各山鉾で販売されている商品を購入すると一般の方でも山鉾の上に上がらせてもらえます。(ただし、長刀鉾は女人禁制のため男性のみ!男性なら年齢に関係ないようで、小さな男の子もうれしそうに上がっていました。)
演奏がなくてもあちらこちらのスピーカーからお囃子が流れているので、祭好きの私は「コンチキチン」という音とたくさんのちょうちんを見るだけでテンションMAXに!!

ひたすら歩いて山鉾を回ります。

『伯牙山』。
180725-5.jpg
巡行の際には、山の上に琴の名人「伯牙」のご神体が乗るそうです。
「お飾り場」である京町家でご神体である人形や装飾品が展示されていたそうですが、その日は気づかず通り過ぎてしまいました

『綾傘鉾』
180725-9.jpg
180725-10.jpg
傘が日の光を浴びてキレイです。


まだまだご紹介しきれない山鉾がたくさんありました。
しかし、しつこいようですがとにかく暑い!!
テンションMAXも長くは続かず、早々に退散してきました

ちょうちんの灯がともると、きっと雰囲気もガラリと変わるんでしょうね。
次はぜひ夜に行ってみたいと思いました。


そして、祭りと言えば三重県の祭りも忘れてはいけません。
四日市市の「大四日市まつり」は8/4、5。
5日には、こにゅうどうくんのお父さんである大入道のからくり山車が出ます。
同じく8/4、5には、2年前にユネスコ無形文化遺産に登録された桑名市の石取祭 も開催されますよ。
(ちなみに石取囃子は「コンチキチン」ではなく「ゴンチキチン」と表現します)


夏はお祭りに花火に高校野球にとイベントが目白押しなのに、「暑い、暑い」とダラダラしているうちに、いつの間にか終わっちゃうんですよねぇ。
(えっ?私だけ

明日からはいよいよ8月。今年は早くから連日猛暑になりましたが、本来であればこれからが夏本番です。
みなさん夏バテすることなく、楽しい夏を過ごすことができますように

向日葵

連日テレビでも報道していますが、本当に毎日暑いですよねぇ。
よく「暑い暑いと言うと余計に暑くなるからやめて!」と言う人がいますが、わかっていても、つい「あっつー!」と叫ばずにはいられません。(我慢は体によくない!)

・・・えっ?そんなことより「あっつ!」って言わないですか? 「あつい」? 
三重弁では暑いのの間に小さい「」を入れるんですよー
(三重県の方ならわかってくださるはず!)
むしろこの「」をいれないと、それほど暑がっているようには思えません

と、三重弁を語りだすとなかなか本編にたどり着けそうにないので、それはまた後日。


タイトルの読み方はお分かりになりますでしょうか?
そう、皆さんご存知の「ひまわり」です。

我が家では今年、家族が職場でひまわりの種をもらってきたため(募金のお礼だそうで)、庭に蒔いてみました
ひまわりの種を蒔くのは久しぶりなので、ワクワクしながら見守りました。


6月の終わりにはつぼみが開き始め…
180723-1.jpg


7月の初めには大きく開きました。
180723-2.jpg


1週間ほどキレイに咲いていたでしょうか?その後、2本のうち1本の花は種を取るために残し、もう1本は花の根元から切ってあげたところ…
180723-3.jpg

半月ほどで1本のひまわりから複数のわき芽が伸び、子どものひまわりがたくさん花をつけてくれました


そして今、子ひまわりの脇から、孫ひまわりが顔を出し始めています。
180723-4.jpg

この暑さの中でも、元気にさんさんと輝くように咲いてくれていて、まさに夏にぴったりの花ですね

いつまで楽しませてくれるのでしょうか?
「あっつ!」と言いながら、見守りたいと思います

晴れもいい☀

先週のあじさいのお話からあじさいつながりで・・・。

先日友人とドライブがてら滋賀県の大津までランチに行くことになりました。
滋賀県といっても三重県とはお隣どうし。新名神高速道路で1時間ほどで到着します。
せっかく大津に行くなら途中どこか寄っていこうということで、まずはあじさいが有名な京都府宇治市の三室戸寺へ。

180604-1.jpg

受付から山門までの両脇にはカラフルなあじさいのお出迎え♪

本堂でおまいりした後、あじさい園へ向かいます。

180604-2.jpg

実はこの日あじさい園が開園したばかりで、まだ咲き始めといったところでしょうか。

180604-3.jpg

淡い色のあじさいもとても素敵です。


こんな変わったあじさいも見つけました。

180604-4.jpg

他にも園内には偶然ハート型に咲くあじさいが見つかることがあるそうで、それを探しにくる方もいらっしゃるそうですよ。
先日あじさいは雨か曇りの日がいいと言いましたが、いっぱい歩くので晴れてよかったー


このあとまだ時間があったので、大津にある三井寺(園城寺)にも寄り、国宝となっている金堂や近江八景の1つの「三井の晩鐘」などを拝観しました。

180604-5.jpg


「三井の晩鐘」は天下の三名鐘の1つで音色の美しさで選ばれているそうで、なんと1回300円でつくことができます。
(私たちは他の方がついている音色を聞いて、良かったね~と帰ってきましたが)
他にも弁慶の鐘など面白いものもありましたが、長くなるので省略!(ここまででも十分長い)


そしてようやくこの日ランチをする『びわ湖大津館』に到着です。

180604-7.jpg

こちらは昭和初期に建築された旧琵琶湖ホテル本館の建物をそのまま活用されています。
昭和天皇を始め多くの皇族の方々、ヘレン・ケラー、ジョン・ウエイン、川端康成など多分野の著名人もお迎えされ、格式あるホテルとして営業されていたそうです。
隣接されているイングリッシュガーデンのバラも今回の楽しみのひとつです。

180604-8.jpg
180604-9.jpg


琵琶湖が一望でき、写真では小さすぎて見えにくいですが遠くには1日に数回だけ登場する「びわ湖花噴水」も見えます。

180604-10.jpg

こちらの噴水は世界最大級の長さなんだそうです。

おいしいランチもいただき、これだけ盛りだくさんに遊んでも、16時前には帰ってきました♪
(夕方になると渋滞しますからね~)

以上、三重県からお手軽に行ける、お隣の県への日帰り旅でした


雨が似合う



今日はあいにくの雨
少しでも明くなるかなーと思い、サロンMIEに庭で咲いたあじさいを飾りました。
あじさいの花は梅雨の季節がシーズンなので、あじさいといえば雨というイメージがありませんか?
あじさいはどちらかというとくすんだ色合いの花が多いので、晴れた太陽の下より雨や曇りの日のほうが映える気がします。
どんよりしたくすんだ景色の中だからこそ、あじさいが咲いたところだけがパッと明るく色がついているように感じますよね。

そんな雨の日にぴったりのあじさいが大学のキャンパス内でも咲き始めているんです

180530-2.jpg

こちらは夜間通用口の手前の花壇に咲いているあじさいです。
お、大きい!!

軽く背丈を越えるサイズです
花壇からも大幅にはみ出してます
さすがにこのあじさいは、学生の皆さんも気付いてくれているはずですね。

180530-3.jpg

よく見ると白とクリーム色の淡いグラデーションがキレイです。
こういうのを真綿色というのでしょうか?
(真綿色と聞いて、ある歌が浮かんだあなた!「それはシクラメンやろ!」とツッコミを入れたそこのあなたも!歳がバレますよー・・・って、私も今その歌口ずさんでますが


ところで、実はもう1つ近くにあじさいの株があるんです。

180530-4.jpg

こちらは先ほどのあじさいより少し手前のB館の建物と壁の間に控えめに咲いています。
(サイズは全然控えめではありません
気づいていない方もいるのでは?

180530-5.jpg

近くで見ると、こんなにキレイなんですよ。

ぜひこちらのあじさいにも気づいてあげてくださいね

淡墨桜

昨日大学の桜の写真をアップしましたが、今朝は『淡墨桜(うすずみざくら)』を見に行ってきました。『淡墨桜』は岐阜県本巣市にある樹齢1500余年のエドヒガンザクラで、日本三大巨桜、日本五大桜の1つと言われている桜です。

えっ?なんで今朝って??って思いますよね
実は以前から今週末に淡墨桜を見に行こうと言っていたのですが、昨日もブログでお話したとおり今年は開花が早く、早くも満開という情報が・・・。しかも、週末は雨の予報・・・・・。
ということで、今朝4時にまだ真っ暗ななか出発して見に行ってきました
淡墨桜を見に行くのは、実に30年ぶりです!(歳がバレる

着いた頃には辺りも明るくなってきていましたが、まだ桜には陽が当たっていません。やはり満開の大きな淡墨桜のたたずまいは圧巻でした。
写真に収めるとこんな感じに・・・。

180403-1.jpg


実は30年前に来たときも日の出前から見たのですが、淡紫色のように見えるこの時間帯の淡墨桜も好きです
しかし、せっかくお天気のいい日に来たのだから、太陽の光が当たる淡墨桜も見ていきたい!
それは私たちより早くから来て、カメラをスタンバイしている皆さんも同じようです。

180403-2.jpg


時々振り返って見る視線の先は・・・

180403-3.jpg

あと少しで太陽が山の上から顔を出します


そして朝日を浴びた淡墨桜がコチラ♪




スマホの写真なので、あまり上手に撮れていませんが、ずいぶん印象が変わりますよね日中になると、また違った表情になるんでしょうね。
ちなみに後方の少し高い所にある桜は、淡墨桜二世だそうです。こちらも十分大きいです。

いつまでも眺めていたい気持ちになりますが、しかし今日はいつもどおり出勤なのでのんびりはしていられません。急いで帰らなくちゃ
帰り道には思いがけず墨俣一夜城跡から続く桜並木に遭遇

180403-5.jpg


700本もの桜並木が、3km以上にわたり続いています
でも、ここは車の中からだけで我慢です・・・

ちゃんと出勤時間に間に合いましたよ

プロフィール

みえよん

Author:みえよん
四日市看護医療大学 サロンMIEです♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム